成寿一覧表

成寿 第42号 ■カラー 特集 〈開山忌〉
開山忌 並 第25回育英会辞令交付式

善光寺行事報告⇒

 平成24年2月10日、釈迦殿で開山忌と横浜善光寺留学僧育英会の報恩供養、並びに第25回辞令交付式が執り行われ、関係のご寺院、檀信徒総代、ゆかりの方々が参集されました。

  拈香法語

 梅花馥郁白純身 父子相逢武志春 誓願尤堅禰法晃 慈光普照徳風新
謹惟相値
当寺開山楳庵白純老大和尚 
二世中興大圓武志大和尚 報恩法会之辰
惟時 当寺堂頭博志老師 
拝請 本寺大田原市大田山光真寺三十七世俊雄老大師 
欲厳修開山忌 偶本寺老大師臥病床 依堂頭老師之命 野衲 
寄為其名代宰此法会
畴昔 即昭和二十九年当時 野衲
修嶽山僧堂裡一雲水首座寮辨事配役 
此時在白純老大和尚本山副監院要職 
屢屢恭銘茶銘菓之御愛顧 雖去今五十八年之往昔 尚難忘
開山老大和尚者 実我宗門 日本仏教会希有火先達也
建立新寺四箇寺 復興末寺四箇寺 設立学校幼稚園 全日本仏教会事務総長 大本山総持寺顧問 曹洞宗宗議会議員等々 周知事実 無枚挙暇 人天衆前菩薩化現
又二世中興武志大和尚者 創設善光寺留学僧育英会 就任初代理事長 
与我大学 大学院 同学同窓 最上親友 黙契握手 破顔微笑 皮肉尚暖
正与麼時 如何瞻仰 開山老大和尚 二世中興大和尚真位
 
 咦
 成壽山頭春二月 
 善光寺庭瑞祥鮮       
                                                                           慈悲容納
 平成二十四年二月十日
    横浜市 善光寺開山忌  
            焼香比丘 加賀大乘寺 東鱆チ 謹書


 新しく育英生に採用されたのはアメリカ人出家僧のフランズ・幸雲氏(39)で、駒沢大学への派遣となります。現在、熊本県に在住し、南北朝期に活躍した大智禅師の研究に取り組んでいる気鋭の僧です。
 開山楳庵白純大和尚の開山忌法要は、金沢市の大乗寺ご住職、育英会名誉顧問の東鱆チ老師に導師をお勤めいただきました。
 法要の中で、東老師は「開山老大和尚は日本仏教界稀有の大先達なり」と楳庵白純大和尚の遺徳を称え、また二世中興大圓武志大和尚について「善光寺海外留学僧育英会の創設者にして初代理事長なり。我と駒沢大学、大学院の同窓にして最上の親友なり」と追慕の言葉を捧げられました。
れました。
 続いて横浜善光寺留学僧育英会の辞令交付式が行われ、育英会理事の安藤嘉則老師が選考経過を報告。日本で出家得度したフランズ氏は、大智禅師が開創した熊本の聖護寺で長く安居修行し、米国・アンカレッジで参禅指導した道心の人と紹介されました。
 黒田博志住職の導師により育英会報恩供養が営まれた後、黒田住職からフランズ氏に辞令と記念品が授与され、参列の僧侶、檀信徒の皆さまからの温かい拍手に包まれました。
 式典の後、東老師は「育英会の原点は、大圓武志大和尚が、仏教を勉強する国内外の若い人の力になればと、檀信徒の方々から一日一食を捧げていただいたことにあります。しっかりと仏教を身につけ、人々の幸せに尽くしてもらいたいとの誓願が元になっています。そのことを忘れないでいただきたい」と力強く激励されました。
 最後に、黒田住職は「人のために尽くせ、尽くして尽くして尽くし抜け、と何かにつけて先代から叱られました。そのことを心に置いて、これからも精進して参ります」と決意とともに現在の心境を述べて感謝の言葉としました。


ページ先頭へ

  成寿一覧表