成寿一覧表

成寿 第45号
大本山總持寺参拝
諸嶽山總持寺二世峨山韶碩禅師大遠忌
平成27年9月29日(日)

善光寺行事報告⇒






  開山忌並びに育英会辞令交付式

 善光寺開山忌、並びに第28回の横浜善光寺留学僧育英会辞令交付式が平成27年2月6日午後2時から、釈迦殿で執り行われ、関係のご寺院、総代をはじめ檀信徒の方々が多数参列されました。
 初めに開山・楳庵白純大和尚37回忌と二世中興大圓武志大和尚の追善法要が本寺の大田原市・光真寺ご住職、黒田泰弘老師を導師にお迎えして営まれ、お二人のご遺徳を偲んで全員が読経、焼香しました。
 引き続き辞令交付式に移り、育英会理事の安藤嘉則老師が選定経過を報告しました。
新しく育英生に採用されたのはブータンから麗澤大学に留学中のロペンーペルパさん(36)と、南山大学の留学生でアメリカ人僧のグリーンウッド月心さん(28)。
安藤理事は日本や母国での二人の活躍をたたえ、今後、各国との懸け橋となることに期待を寄せました。
また「この育英会は世界中からインターネットで検索され、毎年多くの応募がある。一の寺が、これほどしっかりと育英生を支援している例は珍しい」と話しました。
 育英会理事長である黒田博志住職の導師により育英会報恩供養が営まれた後、黒田住職からベルパさんと月心さんに辞令、育英金、記念品が授与されました。
 黒田住職は「先代の『尽くして、尽くして、尽くし抜け』の言葉を心に日々精進している。お互いに少しでも世のため世界平和のために役立てるよう頑張ってまいりましょう」と育英生を励ましました。
 これに対し、ロペンさんは「ブータンと同じ仏教国である日本の文化を学びたいと思い来日した。本当にありがとうございます」、月心さんは「育英生として恥ずかしくないよう頑張りたい」と、それぞれ決意を込めて謝辞を述べました。

ページ先頭へ

  成寿一覧表