横浜善光寺 六地蔵

地蔵菩薩

左から

名称

持物

六道

1

持地(じじ)地蔵

数珠(じゅず)

修羅(しゅら)(どう)

2

宝珠(ほうじゅ)地蔵尊

宝珠(ほうじゅ)

餓鬼(がき)(どう)

3

除蓋障(じょがいしょう)地蔵尊

合掌

(じん) (どう)

4

檀陀(だんだ)地蔵尊

(しゃく)(じょう)

()獄道(ごくどう)

5

日光(にっこう)地蔵尊

香炉

(てん) (どう)

6

宝印(ほういん)地蔵尊

(どう)(ばん)

畜生(ちくしょう)(どう)

※中央は、ほほえみ子安観音です。最後列、昔からの六地蔵さまも配置・持物は同じです。


初七日(七日) 不動明王
二七日(十四日) 釈迦如来
三七日(二十一日) 文珠菩薩
四七日(二十八日) 普賢菩薩
五七日(三十五日) 地蔵菩薩
六七日(四十二日) 弥勒菩薩
七七日(四十九日) 薬師如来
百ケ日 観音菩薩
一周忌 せ い し
勢至菩薩
三回忌 阿弥陀如来
七回忌 あ しゅく
阿閦如来
十三回忌 大日如来
三十三回忌 こ く う ぞ う
虚空蔵菩薩
地蔵菩薩

  古代インドの言葉サンスクリット語でKsiti garbha。Kuksiは大地、garbhaは胎内
  大地が命を育む力を蔵するように、生きとし生けるものすべてを慈悲の心で包みこみ、お導びくくださるかたという。
  また、弥勒(釈尊入滅後、56億7000万年の後弥勒菩薩が如来として出現し全てを救済するという信仰)出世以前の補処の菩薩として、仏不在の間、六道を輪廻する衆生をお救いくださる菩薩さまであるともされる。
  地蔵菩薩は「すべての衆生の苦しみを我代わりて受く」と誓願し、六道を自らの足で今も行脚しつつ、生きとし生けるものの成仏得道のおたすけを致しておられます。
  『地蔵十輪経』『地蔵本願経』『占察善悪業報経』『十輪経』『本願経』など。

ページ先頭へ

本サイト内の文章・画像の無断転載(引用を含む)を禁じます。
Copyright © 2002 Yokohama Zenkouji Temple. All rights reserved.