曹洞宗 :(『横浜善光寺在家聖典』-1996年成寿山善光寺発行-よりの抜粋)
【お経】
 修証義般若心経大悲心陀羅尼観音経寿量品偈遺教経・甘露門・舎利礼門参同契宝鏡三昧 

【観音経偈(妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈)】【延命十句観音経】

  観音経偈
鳩摩羅什( くまらじゅう)三蔵(350〜409AD)訳の「法華経」二十八品の第二十五章 妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五「観音経」の偈文。
通称「世尊偈」「普門品偈」ともいわれる。
妙法蓮華経観世音菩薩普門偈
世尊妙相具我今重問彼仏子何因縁名為観世音具足妙相尊偈答無盡意汝聴観音行善応諸方所弘誓深如海歴劫不思議侍多千億仏発大清浄願我為汝略説聞名及見身心念不空過能滅諸有苦假使興害意推落大火坑念彼観音力火坑変成池或漂流巨海龍魚諸鬼難念彼観音力波浪不能没或在須弥峰為人所推堕念彼観音力如日虚空住或被悪人逐堕落金剛山念彼観音力不能損一毛或値怨賊繞各執刀加害念彼観音力咸即起慈心或遭王難苦臨刑欲寿終念彼観音力刀尋段段壊或囚禁枷鎖手足被杻械念彼観音力釈然得解脱呪詛諸毒薬所欲害身者念彼観音力還著於本人或遇悪羅刹毒龍諸鬼等念彼観音力時悉不敢害若悪獣圍繞利牙爪可怖念彼観音力疾走無邊方蚖蛇及蝮蠍気毒煙火燃念彼観音力尋聲自回去雲雷鼓掣電降雹澍大雨念彼観音力応時得消散衆生被困厄無量苦逼身観音妙智力能救世間苦具足神通力廣修智方便十方諸国土無刹不現身種種諸悪趣地獄鬼畜生生老病死苦以漸悉令滅真観清浄観廣大智慧観悲観及慈観常願常瞻仰無垢清浄光慧日破諸闇能伏災風火普明照世間悲體戒雷震慈意妙大雲澍甘露法雨滅除煩悩焔諍訟経官処怖畏軍陣中念彼観音力衆怨悉退散妙音観世音梵音海潮音勝彼世間音是故須常念念念勿生疑観世音浄聖於苦悩死厄能為作依怙具一切功徳慈眼視衆生福聚海無量是故応頂礼爾時持地菩薩即従座起前白仏言世尊若有衆生聞是観世音菩薩品自在之業普門示現神通力者当知是人功徳不少仏説是普門品時衆中八萬四千衆生皆発無等等阿耨多羅三藐三菩提心

観音経偈( かんのんぎょうげ )


世尊妙相具 我今重問彼 仏子何因縁 名為観世音( せーそんみょうそうぐー  がーこんじゅうもんぴー  ぶっしーがーいんねん  みょういーかんぜーおん )

具足妙相尊 偈答無盡意 汝聴観音行 善応諸方所( ぐーそくみょうそーそん  げーとうむーじんにー  にょーちょうかんのんぎょう  ぜんのうしょーほうしょー )

弘誓深如海 歴劫不思議 侍多千億仏発大清浄願( ぐうぜいじんにょーかい  りゃっこうふーしーぎー  じーたーせんのくぶつ  ほつだいしょうじょうがん )

我為汝略説 聞名及見身 心念不空過 能滅諸有苦( がーいーにょりゃくせつ  もんみょうぎゅけんしん  しんねんふーくーかー  のうめつしょーうーくー )

假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池( けーしーこーがいいー  すいらくだいかーきょー  ねんぴーかんのんりき  かーきょーへんじょーちー )

或漂流巨海 龍魚諸鬼難 念彼観音力 波浪不能没( わくひょーるーごーかい  りゅーぎょしょーきーなん  ねんぴーかんのんりき  はーろーふーのーもつ )

或在須弥峰 為人所推堕 念彼観音力 如日虚空住( わくざいしゃーみーぶー  いーにんしょーすいだー  ねんぴーかんのんりき  にょーにちこーくーじゅー )

或被悪人逐 堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛( わくひーあくにんちく  だーらくこんごーせん  ねんぴーかんのんりき  ふーのうそんいつもう )

或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力 咸即起慈心( わくちーおんぞくにょー  かくしゅうとうかーがい  ねんぴーかんのんりき  げんそくきーじーしん )

或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊( わくそうおうなんくー  りんぎょうよくじゅーしゅう  ねんぴーかんのんりき  とうじんだんだんえー )

或囚禁枷鎖 手足被杻械 念彼観音力 釈然得解脱( わくしゅうきんかーさー  しゅーそくひーちゅうかい  ねんぴーかんのんりき  しゃくねんとくげーだつ )

呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人( しゅーそーしょーどくやく  しょーよくがいしんしゃー  ねんぴーかんのんりき  げんじゃくおーほんにん )

或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害( わくぐーあくらーせつ  どくりゅうしょーきーとう  ねんぴーかんのんりき  じーしつぷーかんがい )

若悪獣圍繞 利牙爪可怖 念彼観音力 疾走無邊方( にゃくあくじゅういーにょう  りーげーそうかーふー  ねんぴーかんのんりき  しっそうむーへんぼう )

蚖蛇及蝮蠍 気毒煙火燃 念彼観音力 尋聲自回去( がんじゃーぎゅうぶっかつ  けーどくえんかーねん  ねんぴーかんのんりき  じんしょーじーえーこー )
 
雲雷鼓掣電 降雹澍大雨 念彼観音力 応時得消散( うんらいくーせいでん  ごうばくじゅーだいうー  ねんぴーかんのんりき  おうじーとくしょうさん )
 
衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦( しゅーじょーひーこんやく  むーりょうくーひっしん  かんのんみょうちーりき  のうぐーせーけんくー )
 
具足神通力 廣修智方便 十方諸国土 無刹不現身( ぐーそくじんつうりき  こうしゅうちーほうべん  じっぽうしょーこくどー  むーせつふーげんしん )
 
種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦 以漸悉令滅( しゅーじゅーしょーあくしゅー  じーごーきーちくしょー しょうろうびょうしーくー いーぜんしつりょうめつ )
 
真観清浄観 廣大智慧観 悲観及慈観 常願常瞻仰( しんかんしょうじょうかん  こうだいちーえーかん  ひーかんぎゅうじーかん  じょうがんじょうせんごう )
 
無垢清浄光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間( むーくーしょうじょうこう  えーにちはーしょうあん  のうぶくさいふーかー  ふーみょうしょうせーけん )
 
悲體戒雷震 慈意妙大雲 澍甘露法雨 滅除煩悩焔( ひーたいかいらいしん  じーいーみょうだいうん  じゅーかんろーほううー  めつじょーぼんのうえん )
 
諍訟経官処 怖畏軍陣中 念彼観音力衆怨悉退散( じょうしょうきょうかんしょー  ふーいーぐんじんちゅう  ねんぴーかんのんりき  しゅうおんしつたいさん )
 
妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念( みょうおんかんぜーおん  ぼんのんかいちょうおん  しょうひーせーけんのん  ぜーこーしゅーじょうねん )
 
念念勿生疑 観世音浄聖 於苦悩死厄 能為作依怙( ねんねんもっしょうぎー  かんぜーおんじょうしょう  おーくーのうしーやく  のういーさーえーこー )
 
具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故応頂礼( ぐーいっさいくーどく  じーげんじーしゅーじょう  ふくじゅーかいむーりょう  ぜーこーおうちょうらい )
 
爾時 持地菩薩 即従座起 前白仏言( にーじー  じーじーぼーさー  そくじゅうざーきー  ぜんびゃくぶつごん )
 
世尊 若有衆生 聞是観世音菩薩品 自在之業( せーそん  にゃくうーしゅーじょう  もんぜーかんぜーおんぼーさーほん  じーざいしーごう )
 
普門示現 神通力者 当知是人 功徳不少( ふーもんじーげん  じんつうりきしゃー  とうちーぜーにん  くーどくふーしょう )
 
仏説是普門品時衆中八萬四千衆生( ぶっせつぜーふーもんほんじー  しゅーちゅうはちまんしーせんしゅーじょう )
 
皆発無等等阿耨多羅三藐三菩提心( かいほつむーとうどう  あーのくたーらーさんみゃくさんぼーだいしん )
 

対和訳

世尊妙相具 我今重問彼 
仏子何因縁 名為観世音 
世尊(釈尊)は、妙なる相を具(そな)えたもう。我今重ねて問う、
彼の仏子、何の因縁を以ってか名を観世音と為すやと。
具足妙相尊 偈答無盡意 
汝聴観音行 善応諸方所
妙なる相を具足せし尊、偈をもって無尽意(むじんに菩薩)に答う。
汝、観音菩薩の行の善く諸の方所に応ずるを聴け。
弘誓深如海 歴劫不思議 
侍多千億仏 発大清浄願 
弘誓の深きこと海の如く、劫を歴ること不思議なり。
多きこと千億の仏に侍りて大清浄の願を発せり。
我為汝略説 聞名及見身 
心念不空過 能滅諸有苦
我、汝が為に略説せん。名を聞き、及び身を見、
心に念じて空しく過ごさざれば、能く諸有苦を滅せん。
仮使興害意 推落大火坑 
念彼観音力 火坑変成池 
仮使(たとえ)、害意を興せしが、大火坑に推し落さんも、
彼の観音の力を念ぜば、火坑は変じて池と成らん。
或漂流巨海 龍魚諸鬼難 
念彼観音力 波浪不能没
或は、巨海に漂流し、龍・魚・諸の鬼難あらんに、
彼の観音の力を念ぜば、波浪も没する能わじ。
或在須弥峰 為人所推堕 
念彼観音力 如日虚空住 
或は、須弥峯に在って、人に推し堕されんに、
彼の観音の力を念ぜば、日の如く、虚空に住せん。
或被悪人逐 堕落金剛山 
念彼観音力 不能損一毛
或は、悪人に逐われて、金剛山より堕落せんに、
彼の観音の力を念ぜば、一毛をも損ずること能わじ。
或値怨賊繞 各執刀加害 
念彼観音力 咸即起慈心 
或は、怨賊の繞(かこ)みて、各(おのおの)刀を執りて害を加うるに値わんに、
彼の観音の力を念ぜば、咸
(ことごと)く即(ただ)ちに慈心を起さん。
或遭王難苦 臨刑欲寿終 
念彼観音力 刀尋段段壊
或いは王難の苦に遭いて、刑せらるるに臨んで寿終らんと欲せんに、
彼の観音の力を念ぜば、刀は尋(にわか)に段段に壊れなん。
或囚禁枷鎖 手足被杻械 
念彼観音力 釈然得解脱
或は、囚えられ枷鎖(くびかせくさり)に禁せられて、手足に杻械(てかせあしかせ)を被らんに、
彼の観音の力を念ぜば、釈然として解脱することを得ん。
呪詛諸毒薬 所欲害身者 
念彼観音力 還著於本人 
呪詛や諸の毒薬に、身を害せんと欲(せ)られん者、
彼の観音の力を念ぜば、還って、本の人に著きなん
或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 
念彼観音力 時悉不敢害
或は、悪羅刹(らせつ)、毒龍、諸の鬼等に遇わんに、
彼の観音の力を念ぜば、時に悉く敢えて害せざらん。
若悪獣囲繞 利牙爪可怖 
念彼観音力 疾走無辺方 
若しは、悪獣に囲繞(いにょう)せられて、利(と)き牙爪(きばつめ)の怖るべきに、
彼の観音の力を念ぜば、疾く無辺の方に走りなん。
蚖蛇及蝮蠍 気毒煙火燃 
念彼観音力 尋声自回去
(とかげ)蛇及び蝮(まむし)(さそり)、気毒の煙火の燃ゆるごとくあらんに、
彼の観音の力を念ぜば、声に尋(つ)いで自ら回(かえ)り去らん。
雲雷鼓掣電 降雹澍大雨 
念彼観音力 応時得消散
雲りて雷(いかづち)(な)り、掣(いなずま)(ひらめ)き、雹(あられ)降り、大雨澍(そそ)がんに、
彼の観音の力を念ぜば、時に応じて消散することを得ん。
衆生被困厄 無量苦逼身 
観音妙智力 能救世間苦
衆生、困厄を被むりて、無量の苦、身に逼(せ)まらんに、
観音妙智の力、能く世間の苦を救う。
具足神通力 廣修智方便 
十方諸国土 無刹不現身
神通力を具足し、広く智の方便を修して、
十方の諸国土に、身を現わさざる刹(ところ)無し。
種種諸悪趣 地獄鬼畜生 
生老病死苦 以漸悉令滅
種種の諸悪趣(あくしゅ)、地獄鬼畜生、
生老病死苦、以って漸(ようや)く悉く滅せしむ。
真観清浄観 広大智慧観 
悲観及慈観 常願常瞻仰
(まこと)の観、清浄の観、広大なる智慧の観あり。
(あわれみ)の観及び慈(いつくしみ)の観なり。常に願い常に瞻仰すべし。
無垢清浄光 慧日破諸闇 
能伏災風火 普明照世間
無垢にして清浄なる光、慧日、諸の闇を破り、
能く災いの風火を伏し、普く明らかに世間を照す。
悲体戒雷震 慈意妙大雲 
澍甘露法雨 滅除煩悩焔
(あわれみ)の体(すがた)は戒として雷のごとく震い、慈(いつくしみ)の意(こころ)は妙にして大いなる雲、
甘露の法雨を澍ぎ、煩悩の焔を滅除す。
諍訟経官処 怖畏軍陣中 
念彼観音力 衆怨悉退散
諍訟して官処を経、軍陣の中に怖畏せんに、
彼の観音の力を念ぜば、衆の怨は悉く退散せん。
妙音観世音 梵音海潮音 
勝彼世間音 是故須常念
妙なる音(こえ)、世を観ずる音、梵なる音、海潮の音、
彼の世間に勝れたる音なり。是の故に須らく常に念ずべし。
念念勿生疑 観世音浄聖 
於苦悩死厄 能為作依怙
念念に疑いを生ずること勿かれ。観世音なる浄聖は、
苦悩と死厄に於いて、能く為に依怙(よりどころ)と作る。
具一切功徳 慈眼視衆生 
福聚海無量 是故応頂礼
一切の功徳を具して、慈眼を以って衆生を視、
福聚の海は無量、是の故に応さに頂礼すべし。
爾時 持地菩薩 
即従座起 前白仏言
爾の時、持地菩薩、
即ち座より起ち、前
(すす)みて仏に曰して言わく、
世尊 若有衆生
聞是観世音菩薩品 
自在之業 普門示現 神通力者 
当知是人 功徳不少
「世尊、若し衆生有って、
是の観世音菩薩品の自在の業、
普門示現の神通力を聞かば、
当に知るべし、是の人の功徳少なからざることを。」
仏説是普門品時 衆中
八萬四千衆生 皆発
無等等 阿耨多羅三藐三菩提心
仏、是の普門品を説きたもう時、
衆中の八万四千の衆生、
皆 無等等の阿耨多羅三藐三菩提の心を発
(おこ)せり。

  十句観音経
作者の正確なところは不明。「高王白衣観音経」がその出所であるという説がある。
日本では、江戸時代 霊空光謙(天台宗)・白隠慧鶴(臨済宗)などが広めたといわれる。
「延命十句観音経」とも。
十句観音経( えんめいじゅっくかんのんぎょう )


観世音 南無仏( かんぜーおん  なーむーぶつ )

与仏有因 与仏有縁( よーぶつうーいん  よーぶつうーえん )

仏法僧縁 常楽我浄( ぶっぽうそうえん  じょうらくがじょう )

朝念観世音 暮念観世音( ちょうねんかんぜーおん  ぼーねんかんぜーおん )

念々従心起 念々不離心( ねんねんじゅうしんきー  ねんねんふりしん )

 

ページ先頭へ




本サイト内の文章・画像の無断転載(引用を含む)を禁じます。
Copyright©2002YokohamaZenkoujiTemple.Allrightsreserved.